航空留学・海外生活で役立つワンポイント英会話チップ集です。
これだけ使えれば、独特のフレーズによる意思疎通を求められるフライトトレーニングも不安なく乗り切れます!

複数のネイティブパイロットの監修、その他各方面からのご助言、ご指摘を基に、豊富な語彙を織り込みながら、国内・外を問わず使えるユニバーサルな内容であることを念頭に構成しました。
航空に関するあらゆる情報・サービスを24時間態勢でご提供します。0120-777-204

英会話 フライトトレーニング編

一般編
気象編
飛行準備編
機上編/通常の運航:全般
機上編/通常の運航:教官同乗訓練時
機上編/通常の運航:出発時
機上編/通常の運航:巡航時
機上編/通常の運航:着陸時
機上編/通信状態の確認
機上編/非常時
交話法資料(FAA公式サイト)
海外生活編へ戻る


■一般編

この機体はどのくらいの速さで飛びますか? How fast does it fly?
この機体はどのくらいの距離を飛びますか? How far does it fly?
この機体はどのくらいの時間飛びますか? How long does it fly?
燃料はどのくらいの時間もちますか? How long does the fuel last?
私はこの(型式の)ヘリコプターを3時間ほど操縦しました。 I have flown this(type of)helicopter for about 3 hours.
私はこの(型式の)ヘリコプターに3時間ほど乗せてもらいました。 I have flown in this(type of)helicopter for about 3 hours.
飛行の予定を変更したいのですが。 I want to change my flight schedule.
私が予約している機体は今整備中です。 The aircraft I booked is currently down.(または out of service:この場合 service は運航の意)
その機体の整備はいつ終わりますか? When will the aircraft be back in service?(この場合 service は運航の意)
もし修理に時間がかかるなら替わりの機体が必要です。 I need a backup aircraft if the repair is going to take a while.
帰投後はディスパッチカウンターに顔を出します。 I would show up at the dispatch counter when I get back.
私の担当教官を替えてほしいのですが。 I wish to have instructor assigned to me changed.
風邪をひいているのに無理に飛ぶと、降下中に耳が詰まって鼓膜が破れる可能性があります。 You may have earblock during descent causing the eardrum ruptured if you forcibly attempt to fly despite having a cold.
ほかの練習生(友人)を、(教官同乗訓練中の)後部座席に乗せても構いませんか? May I have another student who is a friend of mine ride(動詞/原形) in the back seat during my training flight?(have + 人 + 動詞/原形 で、人に〜してもらう という意味になり、この場合は 〜に乗ってもらってもいいですか?という表現。)


■気象編

風が強すぎて飛べません。 It's too windy to fly.
今朝からずっと雨が降っています。 It has been raining since this morning.
午後、にわか雨が降ると予報されています。 A sudden shower is forecast for this afternoon.
風向がくるくる変化しています。 The wind direction is variable.
今日は蒸し暑くて機体の性能に悪影響だ。 The hot humidity will adversely affect the aircraft performance today.
今日はもやがかかっている。(視界がよくない) It's hazy today.
霧で視界が極端に悪い。 The visibility is extremely poor due to fog.(または It's too foggy.)
この悪天候では有視界飛行方式で飛べません。 I can't fly in this terrible weather while maintaining VFR(Visual Flight Rules)conditions.
今日は大気が不安定です。 The air is unstable today.
気流が荒れています。 The air is turbulent(または bumpy).
寒冷前線が接近しつつあります。 A cold front is coming in.
低気圧が東へ移動しています。 A low pressure is moving eastward.
ニューヨーク南部に強い雷雲が発生しました。 A severe thunderstorm has formed in southern NY.
天候が回復しつつあります。 The weather is clearing up.(または The weather is likely to improve. で「天気は持ち直しそう」)
今日は天候が変化しやすそうだ。 The weather seems to be unsettled(または changeable)today.
今日は高度何フィートまで上昇すれば気温が0℃になりますか? What is the freezing level today?
今日は快晴です。 The sky is CLEAR(気象用語:雲なし) today.
高度2,000フィートにおいて、全天を覆う雲層(の雲底)があります。 It's OVERCAST(気象用語:雲量100%)at 2,000 feet.
(この状態を「シーリング:ceiling」が2,000feetである といい、したがって The ceiling is 2,000feet OVERCAST. と表現します。)
高度2,000フィートにおいて、全天の50%以上(但し50%を含まない)を覆う雲層(の雲底)があります。 It's BROKEN(気象用語:雲量 ≧5/8 or ≧6/10)at 2,000 feet.
(この状態を「シーリング:ceiling」が2,000feetである といい、したがって The ceiling is 2,000feet BROKEN. と表現します。)
高度2,000フィートにおいて、全天の半分まで(50%を限度として)を覆っている雲層(の雲底)があります。 It's SCATTERED(気象用語:雲量 ≦4/8 or ≦5/10)at 2,000 feet.
(雲量が SCATTERED 以下である場合には「シーリング:ceiling」という用語を用いず、したがってこの場合は単に The cloud base is 2,000 feet SCATTERED. と表現します。)
今朝は霜が降りています。 It's frostly this morning.
山の風下側では強い下降風が吹いています。 There is a strong downdraft on the leeward(風上:windward)side of the mountain.
みぞれの中を飛ぶと翼が氷結しますよ。 You may get icing on the wings(一般的には icy wings でしょうが、この場合「アイシング」という航空用語を敢えて使った方がベター)if you fly in the freezing rain.


■飛行準備編

機体を拭くのにウェス(布きれ)を1枚ほしいのですが。 I want a piece of rag to clean up the aircraft.(rag は water のように「不可算名詞」)
タンクから燃料が漏れています。 The tank is leaking fuel.(「オイル漏れです」は It's leaking oil. また「ドアから雨漏りがする」は The door is leaking. ちなみに「彼が秘密を漏らした」は He leaked the seacret.)
燃料がタンクにどれだけ残っていますか? How much fuel is still in the tank?
燃料を満タンにして下さい。 Fill it up, please.
もしも規定よりオクタン価の低いガソリンが入っている場合は抜き取る必要があります。 I need to drain the fuel if the octane is lower than the specification.
ここは滑走路の標高が高いので、ガソリンの混合比が高すぎる(混合気が濃すぎる)かもしれません。 The mixture may be too rich for this high elevation.(rich の反意語は lean:希薄であること)
ボルトが緩んで外れました。 The bolt(ねじ:screw ナット:nut)loosened and came off.(または fell off)
警告灯の電球が切れています。 The warning light bulb is out.
このワイヤーは錆びかけてかなり磨り減っています。 The wire seems to be getting rusty and considerably wears(変化形:wear wore worn)down.
搭乗前に繋留(けいりゅう)用ロープがすべて解(ほど)けているか、車輪止め(チョーク)とピトー管カバーがはずれているかを再確認して下さい。 Make sure again if all the ropes are untied, wheel chocks and pitot tube cover are removed before you get in the cockpit.(if は 「もし」ではなく、「〜かどうか」の意味で使われることが多い)
エンジンの調子がおかしい。 There is something wrong with the engine.
その装置は壊れているかもしれません。 The device may be broken.(不調・故障:malfunction または The one may be failed. なども可)
これ働きません。(機能しない) It doesn't work.
整備士を呼んで下さい。 Get a mechanic, please.


■機上編/通常の運航:全般

(管制官側から)許可(または承認)します。 Approved.
(管制官側から)お待ち下さい。 Standby.
了解。 Roger.(但し、通常アメリカなどでは自機IDの下3桁を告げることで「了解」に代えます。)
はい、そのとおりです。 Affirmative.(または That's correct.)
いいえ、そうではありません。(または、できません。) Negative.
できません。 Unable.(または Negative.)
はい、貴方のおっしゃることに従います。 WILCO (I will comply with your message. の短縮語)
前回の送信を取り消します。 Disregard my previous transmission, please.
(管制官側から)貴機の要求どおりに進めて下さい。 Proceed as requested.(通常 Use caution.=注意せよ の指示が引き続きます。)


■機上編/通常の運航:教官同乗訓練時の(機内での)やりとり

両翼を水平に保ちなさい。 Keep the wings level.
滑りを修正しなさい。(通常はラダー/ペダル操作についての指摘) Maintain trim.
(着陸進入中)風に流されてますよ。 偏流を取りなさい。 You are drifting. Put in a crab.(「偏流」とは "横っ飛び" の状態なので、カニの横歩きに例えて「クラブ」と表現。)
機の(ピッチング方向の)姿勢をよく観察しなさい。 Watch your attitude.(速度が正常でない場合に使われることが多いものの、米語での発音が「アリチュード」であるために、日本人訓練生にとっては、"Altitude/高度"と混同しがちに…。)
滑走路(のセンターライン)に機の軸線を合わせなさい。 Align the airplane towards the runway.(along the runway や with the runway なども可。)
速度、高度、バンク一定で、滑らせずに旋回しなさい。 Make the turn coordinated.
もう一度やらせて下さい。 Let me try again, please.
貴方の操縦でお願いします。 You have control.


■機上編/通常の運航:出発時

(管制官側から)タキシング(地上での移動)を開始して下さい。 Commence(to)taxi.(ヘリコプターが空港内を地上移動する場合、車輪式など地表と接触した状態で移動する「サーフェースタキシー」やホバリング状態で移動する「ホバータキシー」のほか、通常100feet未満の高度で舞い上がり、いっきに移動を完了する「エアタキシー」があります。)
(管制官側から)滑走路に入る直前(の誘導路上)で停止して下さい。 着陸機がアプローチ後半の地点まで来ています。 Hold short of runway.(「滑走路上で停止」と勘違いしないこと!) Traffic on short final.
(管制官側から)そこで止まれ。 Hold your position.(または Hold short.)
離陸準備OKです。 Ready for takeoff.
(管制官側から)離陸を許可します。 Cleared for takeoff.
(管制官側から)貴機自身の責任において許可します。 Approved at your own risk.(例えばアメリカにおいて、特にヘリコプターは滑走路の向きや風向などとは関係なく任意の方向へ離陸することが承認されるため、管制官側としてはこうした表現になってしまうほか、グランドコントロールにおいて、格納庫などの陰でタワーからは死角になる機体が移動を開始する場合などにも使われます。)
離陸後そのまま直進で(左・右/クロスウィンド方向へ曲がらずに)出発することを要求します。 Request straight out departure.
離陸後、左へ旋回してそのまま(左90度)の方向へ出発することを要求します。 Request left crosswind departure.
離陸後、左へ旋回し、離陸の方角とは反対(ダウンウィンド)の方向に向けて出発することを要求します。 Request left downwind departure.
一旦北向きで離陸し、その後、東へ向けて出発することを要求します。(ヘリコプターの安全運航を目的とし、風向などの理由で滑走路の向きとは関係なく離陸したい場合など) Request north takeoff, and eastbound departure.
(2本ある)滑走路の交差点部分から(末端までタキシーダウンせずに)出発することを要求します。(滑走路長に充分余裕があり、かつ既に着陸態勢に入っている別のトラフィックがあって、こちらが離陸のための地上滑走(助走)距離を確保している時間がない場合など。) Request intersection departure.(但し、intersection とは例えば誘導路と滑走路の交差点である場合なども考えられます。)
(管制官側から)滑走路に入ってから一旦その位置で停止して下さい。(先行の出発機があり、充分な間隔をとる必要がある場合など) Taxi into position and hold.(日本ではこの場合 Line up and wait. という表現を用いますが、アメリカなどではほとんど使われていません。)
(同じ空港内の)ヘリパッドA(日本では「スポットA」と呼称)に移動してホバリング練習をすることを要求します。(ヘリコプターで) Request re-position to pad 2 for hover practice.
複数あるうちのヘリパッドをどれか割り当てて下さい。(ヘリコプターで) Request pad assignment.(または Request pad available.)
特別有視界飛行方式(スペシャルVFR)による出発を要求します。(管制圏/情報圏内にある空港や管制区内、或いは Class B, C, D, E の空域で、VMC:有視界気象状態の最低基準を下回っている場合であっても、VFR:有視界飛行方式による離陸や着陸、通過などの飛行が許可され得る特別な運航方式) Request Special VFR departure.(管制官側からは通常 Climb to VMC within Class D/Control Zone. Maintain Special VFR conditions until reaching VMC. などのパターンで許可が出されると同時にリードバックを要求されます。)


■機上編/通常の運航:巡航時

高度計の規正値(大気圧)はいくらですか? Request QNH(または Request altimater setting).
(管制官側から)高度計の規正値(大気圧)は29.92インチです。 Altimater 2992.(「トゥー・ナイナー・ナイナー・トゥー」 ※航空では「9:ナイン」を「ナイナー」と発音します。)
レーダーで誘導して下さい。 Request radar vector.(レーダー誘導のミッションは、通常、管制側からの Resume own navigation. などの指示をもって完了します。)
レーダーによる監視をお願いします。 Request radar assistance.
他機(別の機体)が貴機のすぐ近くにいます。 11時の方向400m、高度2,000フィートを南進中。 Traffic is in your immediate vicinity. Eleven O'clock quarter mile at 2,000 feet southbound.
(管制官側から)貴機の右前方(1時の方向)3マイルの地点、高度2,000フィートで別の機体が北進中です。 Traffic 1 o'clock 3 miles at 2,000 feet northbound.
その機体を探しています。 Looking(out).
その機体が見えました。 (We have)traffic in sight.
その機体が確認できません。 Negative contact.
(管制官側から)貴方にさっき告げたその機体は今影響ありません。 Traffic no factor.(もはや影響なくなりました…という場合は Traffic no longer factor.)
(管制官側から)貴機の高度はいくらですか? Say(または State)your altitude.
直ちに出発空港へ戻ります。 We'll be back to the departure airport briefly.
周波数を変更することを要求します。 Request frequency change.
貴空港の空域を高度2,000フィートで南東から入って北西へ通過したいのですが。 Request transition (of your area)from southeast to northwest at 2,000 feet.
現在、貴空港の5マイル北、高度1,000フィートで西進中です。 We are 5 miles north (of your airport) at 1,000 feet westbound.
(管制官側から)トランスポンダ(SSR:二次レーダーのシステムを使用した航空交通管制用自動応答装置)コードを○○○○にセットし、「アイデントボタン」を押して下さい。 Squawk(スコーク)○○○○ and Ident.(Squawk VFR と指示された場合はトランスポンダコードを 1200 にセットせよという意味になります。)
(管制官側から)貴機に割り当てられている高度を(改めて)確認して下さい。 Verify assigned altitude.(万一、管制側レーダーの表示高度と機上側高度計の指示高度が300feet以上異なる場合には Stop altitude squawk, mode C wrong indication などの指示をもってトランスポンダ(モードC)の機能停止が求められることになります。)


■機上編/通常の運航:着陸時

(管制官側から)貴方の意思を告げて下さい。(着陸したいのか、タッチ・アンド・ゴー練習なのか、単に空域を通過したいのかなど) Say(State や Advise もあり)intentions.
着陸(のための管制圏内への進入)許可をお願いします。 Request inbound for landing.
着陸のための情報(風向・風速、使用滑走路など)をお願いします。(タワーではなく、レディオ・フライトサービス/Unicom のみ利用可である飛行場・ヘリポートの場合は航空機側から着陸許可自体を要求することができない。) Request landing information.(または advisory)
(管制官側から)着陸を許可します。 Cleared to land.
(管制官側から)貴機の着陸灯をつけたり消したりして下さい。(例えば複数の機体が接近し合っている状態で、管制官がそのときに交信している相手機がどれなのかを確かめたいときや、通信状態が不良のため、管制官が「聞こえていたら合図せよ」という意味で指示したいときなどに使用) Blink your landing light.(blink は「まばたきする」の意)
(管制官側から)貴機の翼を左右に振って下さい。(例えば複数の機体が接近し合っている状態で、管制官がそのときに交信している相手機がどれなのかを確かめたいときや、通信状態が不良のため、管制官が「聞こえていたら合図せよ」という意味で指示したいときなどに使用) Rock your wings.(「ロッキングチェア」で想像がつくのでは?)
風向・風速の情報をお願いします。 Wind check please.
着陸許可が出ているかどうか確認したいのですが。 Verify landing clearance, please.(アプローチ中の機体に対し、管制官のほうが着陸のための最終許可を既に出しているものと思い込んでいることはよくあります。)
現在使用中の滑走路はどれですか? Request runway in use.(または Request active runway.)
(管制官側から)タワーの90°真横へ来たら報告して下さい。(トラフィックパターンのダウンウィンドレグ上で) Report abeam(of the)tower.
(管制官側から)右(左)に360°旋回して下さい。(トラフィックパターン内で)先行機との間隔をより広く取るか後続機に進路を譲るための指示。 Make right(left)360.(「メィク ライト スリー・シックスティ」 ※ベースターンの地点で "Make right(left)270." などと指示される可能性もあり。)
(管制官側から)貴機の旋回すべきタイミングをこちらから指示します。(例えばファイナルアプローチ上を先行する着陸機との間隔をあけるためにダウンウィンドレグを延長するよう管制官から指示があった後、ベースターンに入るべきタイミングを管制官側で決めるような場合に使用) I call your turn(または I call your base).
(管制官側から)着陸を中止して下さい。(日本語ではこの場合「着陸復行せよ」と表現されることがありますが、管制用語上は単に「復行せよ」が正しく、一方、計器進入中の復行は「進入復行(Missed approach)」として区別されます。) Go around!
(管制官側から)ダウンウィンドレグへ45°の角度で滑走路中央の真横に(パターン)エントリーして下さい。(あまりにも基本的な方式なのでこのように指示を受けることは稀ですが、表現上の参考用例として挙げました。) Join the pattern at a 45°to the downwind abeam midfield.
(管制官側から)滑走路にそのまままっすぐ(着陸態勢に)入って下さい。 Make straight-in approach.
(管制官側から)ベースレグに直接入って下さい。 Enter(Join)direct base.
(管制官側から)ベースターンを早めてアプローチを短くし、着陸を急いで下さい。(地上で待機中の出発機があるか、後続する着陸機との間隔を広げることなどを目的として) Make short approach.
(管制官側から)急いで滑走路の外へ出て下さい。 Expedite clearing the runway.(または Expedite taxing off the runway.) ※日本では Expedite vacating runway. と指示されますがこれではベテランや外国人でも混乱するかも…。
特別有視界飛行方式(スペシャルVFR)による着陸を要求します。(管制圏/情報圏内にある空港や管制区内、或いは Class B, C, D, E の空域で、VMC:有視界気象状態の最低基準を下回っている場合であっても、VFR:有視界飛行方式による離陸や着陸、通過などの飛行が許可され得る特別な運航方式) Request Special VFR landing.(管制官側からは通常 Clear to enter Class D/Control Zone from 5 miles west. Maintain Special VFR conditions while in Class D/Control Zone. Report airport in sight. などのパターンで許可が出されると同時にリードバックを要求されます。)


■機上編/通信状態の確認

感度いかが? How do you hear me?(または How do you read?)
(聞こえたら)応答して下さい。 Acknowledge.
感度良好です。 Loud and clear.
どうぞ。(「送信して下さい」の意) Go ahead.
雑音が多いのですが聴き取れます。 It's noisy, but readable.
もう一度言って下さい。 Say again, please.
もう一度言います。 I say again.
もっとゆっくり話して下さい。 Speak slower, please.
2回ずつ話して下さい。 Words twice, please.
私からの送信内容を繰り返して下さい。 Read back, please.
(管制官側から)分かりましたか? Did you copy?(または Do you copy?)
全部分かりました。 All copied.
よく聞こえません。別のことばでお願いします。 Unreadable. Rephrase it please.
(管制官側から)聞こえていたらマイクのボタンを2回「カチカチ」と押してみて下さい。(管制官側での受信状態が不良であるか、パイロット側からの返答がないため確認が要求される場合など) Click your microphone button twice if you hear me.


■機上編/非常時

(管制官側から)離陸を中止せよ! Abort takeoff.(蛇足ですが、「妊娠中絶」のことを "Abortion" といいます。)
位置が判らなくなりました。 確認に時間を下さい。 I have lost my position. Give me time to check it.
燃料が残り少ない。 I am running low on fuel.(または The fuel level is low. 尽きる:run out)
緊急時でも慌てないで下さい。 Don't panic during an emergency.
緊急事態です。着陸の優先権をお願いします。 This is emergency! Request priority(プライォリティ)landing please.
目的地の空港には日没までにたどり着けそうにありません。 It may be difficult to get my destination before the sunset.
SOS! こちらは○○○、地点は○○○、救助をお願いします。(不時着した場合など ※周波数:121.5MHz) Mayday, Mayday, Mayday. This is ○○○, at ○○○. Request rescue assistance.
エンジントラブルで強行着陸します。こちらは○○○、地点は○○○。 Forced landing due to engine failure. This is ○○○, over ○○○.
無線機がだめです。たぶんマイクの接触不良でしょう。(機内の会話) Radio is out. It looks like a bad connection with the microphone.
一方送信です。こちらは○○○。(受信のみ不能であるものとして) Transmitting blind. This is ○○○.


このページはフレームを使用しています。<BR> フレーム対応のブラウザでご覧下さい。